ユビキタス社会と情報デザイン 情報ビジネスコース 情報処理分野 教授 町田武美




インターネットの普及やユビキタス時代の到来で、全ての産業や社会は情報をベースに動いており、今日「情報」抜きでは何も語れません。社会は情報使いの達人を益々必要としています。まさに情報技術や情報利用技術は現代を生きぬくための基本素養になってきています。

私の専門領域は情報デザイン、産業情報、生活空間情報、情報利用環境などで「情報学研究室」に所属しています。生活空間に関連する様々な情報処理のアルゴリズム開発やシステム開発、情報デザインに関する研究を行っています。

ご承知のようにITの進展はめざましいものがありますが、多くは情報機器やネットワーク技術などデジタル技術の進展によるもので利用するサイドのIT利用技術は遅れている現状です。人間主体のITを享受する環境はどのようなものなのでしょうか、安全で豊かな情報化社会の実現には情報デザインや生活空間情報などに関する研究が重要になっています。
最近の研究テーマは
  • ITによる食の安全のためのナビゲーションシステムに関する研究
  • ICタグやGPSなど各種センサーを利用した生活空間情報自動記録に関する研究
などです。また情報利用のデザイン手法のための研究として、環境―ヒユマン情報デザインの手法開発に関する研究も新たに取り組んでいます。

ゼミでは最新のIT教育環境を利用してITスキルの向上をめざし、各種情報処理関連の資格試験取得を支援しています。さらに卒論研究の過程ではユビキタスな情報利用環境の基礎知り、情報利用や情報デザインの理論や仕組みを学習、単にソフトを使えるだけでなく情報社会と情報の連関、情報の流通や消費など多様・多元の情報利用をスマートにデザインできるような情報デザイン能力を高める事も学習目標にしています。
講義科目の情報学、情報システム論、情報ネットワーク論、情報セキュリティー論の講義ではパソコンやインターネットを利用した演習的講義を組み込み、学習課題について体験しながら理解深度を高める工夫をしています。情報学、情報デザインに興味を持っていただき、はてしなく広がるユビキタスIT社会に探究の大きな一歩を進めていただきたい。



ウィンドウを閉じる


Copyright(C) Aikoku Gakuen University, All rights reserved.
〒284-0005 千葉県四街道市四街道1532 TEL 043-424-4433(代表) 043-424-4410(入試係) 
アクセスマップはこちら