氏  名 部田 和美   TORITA Kazumi
職  名 准教授
学内担当業務 教務委員会,学生委員会,広報委員会,高大接続連携委員会
学  位 修士(言語学)
専門分野 日本語学,日本語教育学
研究指導テーマ 日本語文法
担当授業科目 日本語学概論Ⅰ・Ⅱ,現代日本事情Ⅰ・Ⅱ など

主な教育

研究業績

研究論文
・「モラウの意味分析 : 二格モラウ文とカラ格モラウ文の比較」『筑波応用言語学研究 (21)』,単著 2014年
・「テヤルの意味分析―非恩恵を表すとされるテヤルを中心に―」『言語学論叢』オンライン版第4号 筑波大学.単著 2011年
・「授受動詞「ヤル・クレル・モラウ」文の意味分析―抽象的対象物を含む授受動詞文を中心に―」『言語学論叢』オンライン版第2号 筑波大学.単著 2009年
口頭発表
・「授受動詞「モラウ」の意味分析―二つの構文の比較から―」第9回文明のクロスロード 2012年3月16日,於サマルカンド外国語大学
・「ヤル・クレル・モラウ」文の意味分析―3つの意味タイプの観
察から―」東アジア日本言語文学文化国際シンポジウム
2011年10月16日,於中国人民大学
所属学会 日本語文法学会,日本語学会,日本語教育学会
メッセージ 4年は長いようで短いです。自分のやりたいことをしっかり見極め、充実した大学生活を送ってください。