氏名 野城 尚代
職名・学内担当業務 教授
学生委員会、図書館運営委員会、就職委員会
学位 博士(法学)
専門分野 社会保障政策
研究指導テーマ 少子化対策
両立支援策
担当授業科目 社会福祉論、生活福祉論、介護福祉論
児童福祉論、女性労働論、生活経済学
社会保障論Ⅰ、社会保障論Ⅱ
主な教育・研究業績 〔論文〕「社会保険制度にみる『子育て支援』機能」『東洋大学人間科学総合研究所紀要』第19号(2017年)
〔研究ノート〕「ファミリー・サポート・センターの創設期の活動に関する一考察―地域の子育て支援機能への展開―」『愛国学園大学人間文化研究紀要』第18号(2016年)
〔著作(共著)〕「ライフスタイルの選択」森田明美編著『よくわかる女性と福祉』(ミネルヴァ書房、2011年)
所属学会 社会政策学会
社会保障法学会
日本労働法学会
メッセージ 生活に身近な家族・世帯も研究対象となります。家族・世帯に関する種々の統計から実態を把握し、その変化について社会的背景をふまえて考えます。こうしたことに対応するために、法制度はどのように変容したのかを検討し、今後の方向性について考えてみましょう。