「よつかいどう和棉ばたけ」実習(4)

2021/07/14

 

 2021年7月12日(月)、よつかいどう和棉ばたけさんの第1農園で、4回目の実習を行いました。
前回は梅雨入りの日、今回は、もうすぐ梅雨明けというタイミングでした。ひと月の間に棉はぐんぐん成長し、少しずつ花芽も付き始めていました。

 今日は、前回に引き続き、間引きと土寄せを中心に行いました。
間引きは、例年はもう少し早く行うとのことですが、和棉ばたけさんのお気遣いで、私たちのために間引きする苗を残しておいて下さいました。
3~5本生えてきた苗から1本だけ選び取り、残りはハサミで切り取ります。
その後、鋤簾(じょれん)を用いて、苗の左右から土を寄せていきました。
暑いなかでの作業となりましたが、農家の方からのサプライズのスイカの差し入れもあり、皆さんと一緒に、みずみずしくて甘いスイカを頂きました。
会話も弾み、地域の方々との貴重な交流の時間でした。
休憩の後は土寄せの続きをやり、最後は木陰に入って、田中さんから、学生の質問に答えていただきました。

 今回も、和棉ばたけさんのおかげで、人と交わり、土に触れながら、たくさんのことを学ばせていただくことができました。

 

 210714_1.jpg
土寄せの方法を学ぶ

210714_2.jpg 
間引きの真っ最中

210714_3.jpg
皆さんと貴重な時間も過ごさせていただきました

210714_4.jpg
暑さに負けず土寄せをしました

210714_5.jpg
木陰で質疑応答タイム

 

▼前回の実習はこちら▼