学校法人愛国学園 理事長 織田 奈美

 昭和13年(1938年)創立の愛国学園は、創立者が時流に合わせた軍用機「愛国号」の献納を、熟慮の末、真に国の将来を思うのなら私財を投ずるべきは教育、特に東京下町における女子の実業教育であるとの結論に達し、初志を冠して愛国女子商業学校を開校したことに始まります。現在は東京都江戸川区に法人本部、中学高等学校(衛生看護科・家政科・商業科・普通科)、看護師二年課程の衛生看護専攻科、保育専門学校、短期大学を、茨城県龍ケ崎市と千葉県四街道市には大学附属高等学校を有し、「親切正直」の校訓と、社会人として自立し家庭人として一家の幸福に貢献する健全な女性を育成するという建学精神の下で女子教育を行っております。
創立60周年を記念して四街道市に開学し20周年を迎えた本大学人間文化学部は、学園のこれまでの実務型即戦力型中心の教育に加え、我が国のみならず、広く海外についても深遠な人間文化を追求し、国際感覚を磨き、豊かな人間性を育てることを目的としております。本学に集う皆様が安心して学び、これからの国際社会を担う心優しき人材として、多方面で活躍なさいますよう努めて参りたいと思っております。